マナーサイト座談会楽屋

こっちは、サブブログです;(代理人の保守運営中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--|
  2. スポンサー広告

価値観は違うし、押し付けるもんじゃない

人によって価値観が違うのは当たり前のことだよね。
統一するようなものではないし、違いを悲しむものでもないよ。

自分と違う価値観を糾弾するマナーサイトって、多いですね。
マナーサイトだけじゃなく、普通のサイトでも、そういう人が多い気がしてます。
でも僕は、違う価値観とうまく付き合うのが、大人のネットマナーだと思ってます。
僕の考え方って、特殊なのかな?


サイトによって、運営の方針が違うのは、当然だよね。
管理人、違うからね。

僕は、どんな運営方針かを説明します。
世界の全員の価値観が、僕と同じだなんて、思わないから。
運営方針と合わない人は、書き込みの前に、知ることができます。
書き込んだ後で気づくのは、ダマサレタ感じですから、なるべく避けたいです。

サイトの運営方針は、管理人の自由でしょう。
でも、その運営方針が明らかじゃないと、合わない人が合わないって判断できません。
価値観は、他人と違うのが当たり前です。
だから、僕は、管理人として、事前に説明するんです。

合わない人が合わないって判断できる状態にするんです。
合わない人も参加せよって状態、正しいとは思ってませんから;


僕は、自分の価値観で他人の価値観を塗り替えようとは思いません。
こういう価値観もありますよって、提示する程度ですよ。
価値観を変えるかどうかは、その人次第です。
提案はできるけど、強制はできないって思ってます。


僕は、違う価値観の提示は、良いことだと思ってます。
でも、強制は、すべきじゃないって思ってます。

あと、批判に弱い人が多いから、批判に見える行為には注意が必要だと思ってます。
相手の性格に配慮しないと、相手を追い詰めますから。
自分が正しい場合でも、相手を噛み殺すのは、非常識だと思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/16|
  2. 重いつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異文化を理解することでしょ;

僕は、他人の感じ方を理解することが、ネットマナーの基本だと信じてます。
僕はそういう努力や訓練をしてきたから、冷静に理解はできるんです。
価値観の違いそれ自体には、僕、ほとんど感情を抱きません。
違う価値観に触れることは喜んでます。
僕と違った価値観にでも、共感みたいのは感じてます。


でも、価値観の押し付けは、間違いだと思ってます。
圧倒的多数派とは言えない、特定の価値観を押し付ける動きは、独善的で非常識だと思うから。
事実確認を欠いた批判も同じで、非常識だと思ってます。

こういう価値観があるから知ってね、というのは、良いと思うんですよ。
でも、相手の価値観を否定して、自分の価値観を強制するのは、良くないと思ってます;


ネットマナーは攻撃のためでなく、握手のためにあります。
違う握手の仕方を持ってる人々もいるでしょうけど、それ、文化の違いです。
自分の仕方が圧倒的な支持を得ていない限り、相手の仕方を否定するのは、僕は間違いだと思ってます。

違う考え方もあると伝えるのは、良いって思います。
でも、相手の文化を誤りとし、自分の文化を押し付けるなんて…。
お互いに、理解して、尊重して、配慮すれば良いでしょう;

僕は、ずっとそういう考えで活動してきました。
だから僕のサイトは、教科書じゃなくって、異文化を理解するキッカケとして作られています。
教科書だと、暗記して、他人への攻撃に使っちゃう人もいるでしょう?
教科書も良いんですけど…;
  1. 2007/05/11|
  2. 重いつぶやき
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

批判者って気楽でいいねって、言いたくなるよ;

批判者って、気楽でいいね。
って言いたくなる、この頃の僕です;

都合の悪い話は無視して、自分に都合の良い話だけ引用してしまう人がいるね。
事実を捻じ曲げて、決め付けちゃう人もいるね。
残念ながら、すっごい脳内変換とか脳内補完を感じてしまう場合が多いです。
そういうのって、批判じゃなくって非難っていう気がします;

それに、価値観は色々あるんだよね。
自分の価値観を押し付けようってのも、僕には理解できない。
違う考えの人がいるのなら、違う考えも尊重するのがオトナだと思う。
自分のルールを押し付けなきゃ満足できないのかな;

異なる価値観の紹介は良いけど、相手の価値観を否定して、自分のを押し付けるのは…;
自分の価値観が圧倒的主流じゃない限り、問題ある行為だと思います;


冷静な、正確な、オトナとしての指摘なら、僕は歓迎なんだけどね。
カンチガイとか、自己ルールの押し付けとか、そういうのされるのは、ご勘弁願いたいです;
脅してくるなんて、もう、良識、ないよね;

こんなことの対応に費やす時間、誰が弁済してくれるのさ。
僕にも得るものはあるんだろうけど、失うものが大きくて困ります。

僕は、他人を批判するにしても、もっと慎重にやろう;
反面教師だね;
  1. 2007/05/06|
  2. 重いつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

批判に憶測って;

なんで?
批判者って、こんなに憶測でモノを言えるものなの?
僕の理解の範囲を超えてるよ…。

って、思うことが、続きました。
疲れました。
  1. 2007/05/05|
  2. 重いつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

システムの使い方は工夫次第でしょ

自分と違う価値観を持つ人も多いよ。
僕、自分の価値観を絶対と思っちゃうことには、ちょっと違和感を感じるよ。

例えば、ブログは日記だと思う人もいるし、情報配信システムと思う人もいるし、ライブラリだと言う人もいるね。
コミュニケーション系ツールって思う人もいるし、そうでない人もいるよ。
ブログを使って、自動リンクシステムを仕立てちゃった人だって、いるよね;


僕は、ブログでも何でも、ツールだと思ってる。
使い方は工夫次第で広がるはずで、工夫に制限をかける必要はないって思ってる。
サーバに負担かけすぎるとか、規約違反とかの理由なら、制限かけるべきだけどさ。
便利で合理的な使い方なら、様式とか慣例に合わなくても、良いって思うんだ。

ほら、ブログで自動リンクなんて、様式にも慣例にも逆らってるでしょ。
それでも、あの自動リンクシステムは、アダルト登録に苦しむ管理人を救ってくれるものだよね。
使い方は工夫次第で広がるってことじゃないかな。


僕が言ってる自動リンクシステムは、絵板のマナー講座の自動リンクのシステムです。
僕は登録内容を気に入ってよく紹介してるけど、システムも画期的なんです;
このシステム、共有テンプレートとして、FC2様に正式承認されてます。


自分の価値観にとらわれず、システムを便利に活用すること、考えて良いと思うんだ。
不便な檻に閉じこもる必要、ないと思うんだよ;

システムの使い方は、人間の工夫次第でしょ;
より便利になるように工夫するのが人間だと思うよ;
様式や慣例も大切だろうけど、便利な使い方を考えても良いんじゃないのかな;

工夫して、失敗しても、次につながっていくでしょ。
工夫しなければ、発展しないでしょ。
  1. 2007/05/05|
  2. 重いつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

悠人 Author:悠人
マナーサイト座談会
画像は、うたかたの月と最後の幻想様からお借りしています。
コメントやTBは承認制ですが、あまり承認しないかも。すみません。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。