マナーサイト座談会楽屋

こっちは、サブブログです;(代理人の保守運営中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--|
  2. スポンサー広告

気をつけなきゃ;

ネットマナーでの議論は、異文化同士の陣取り合戦になりがち。
ブログの客層は偏り、意見も偏る。
ある分野の専門家も、他の分野で専門知識を持つとは限らない。
理論派に見える人も、感情先行が多いかも。
完璧な文章を書けないと、揚げ足を取られやすい。
文化圏により、信じる正義は違う。
違う文化圏の人は、自分の文化を基準に行動している。
声の大きい人がいると、弱い人が発言できなくなる。
意見に返答すべきでない場合も、多い。
持続可能な運営が大切。


分かっているつもりでも、分からなくなっちゃうものですね。
目の前の人の意見に縛られてしまう…。
もっと広い視野で見ないと、迷走しちゃいますね。
反省しつつ、次へ進みます。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/01|
  2. ネットマナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファン限定コメントのイメージ;

僕がYahooブログのファン限定記事に思ってる、個人的な感覚。


でも、多くの人のイメージは、こうなのかも;


さらに、こういう人もいるのかも;



同人文化圏の人とか、みくしーの人だと、囲い込みや束縛に近くなりやすいのかな;
Yahooの人って、みくしーに近い人が多めな印象です。
人によって違いますけどね;

技術系の人だと、僕と同じ考えの人が多そう;
技術系の人って発言力が強くて、技術系が正しい雰囲気になりがちだよね;
でも、逆の考えにも、理由があるはずだよね;
文化圏の違いと考えて、双方を尊重すれば良いと思うんだけど、無理なのかな;
  1. 2007/05/22|
  2. ネットマナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まず自分が守ろうよ;

他人にマナーを求めるのなら、まず自分が守ろうよ;
常識じゃないのかな;

圧倒的主流のマナーじゃなければ、なおさらだよね。
自分が守らないのに、他人に求めるって、常識がないよね;

他人に求めるなら、自分が率先して守ることが、最低条件だと思うんだ。
じゃないと、同じ価値観を持つ人、冷たい目で見られちゃうし;


例えばさ、リンク先はトップページにすべきっていう話、あるよね。
主流じゃないマナーなんだけどさ。
このマナーを求める人って、自分が守ってない人、意外に多いんだよね。
そういうことも、このマナーが冷たい目で見られてる理由なんじゃないかな;
  1. 2007/05/16|
  2. ネットマナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

力を持つ人は、自覚でしょ;

力を持つ人は、自覚して、自分を律しないとダメだと思うんだ。

僕、強い人が問題行動起こすのは、すごくキライなんです;
そういう人に噛み殺される弱い人のことを思うと、なんかね。


強いのに、やらかしちゃう人、います。
自分の力を自覚してないのかな;
なでるだけでも、その爪が相手の肩に食い込むって、分からないのかな;


強い人に攻撃されたら、普通の人、あんまり返せないと思うよ。
蛇ににらまれた蛙だよ。

マトハズレなこと言われても、反撃したら、食われちゃうよね;
逃げるしか、助かれない;
強い人は、反論すればいいって思うだろうけど、無理な人、多いと思うよ。
何度も噛まれて立ち上がれるって、そんな人、多くないです。


僕は、たいした力は持ってないと思うけどさ;
たいしたことないなりに、自分の力は自覚してるつもりだよ。
だから、マトハズレな攻撃なんて、できないよね。
  1. 2007/05/15|
  2. ネットマナー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

批判には責任あるでしょ;

僕はね、批判をする人にはスゴイ重い責任があると思ってる。
非公開の場で批判するのもそうなんだけど、公開の場で批判するなら重さは大盛りだよ。


批判の内容には、絶対に事実誤認を含まないように、リサーチしなきゃダメだよね。
相手にすっごいインパクトを与えるんだから、事実誤認なんて、ダメでしょ;
事実誤認で批判なんて、非難とか中傷だよね;


自分の価値観の押し付けになってないか、考えるべきだろうね。
批判の根拠にする価値観が、圧倒的主流の価値観でない限り、批判は控えるべきかも;
マナーとか言いながら、実は自己流ルールの押し付けなんて、ダメでしょ;
自分の価値観がどれだけ主流になってるか、広い範囲で調べておく必要があるだろうね。


批判の文章が感情的になってないか、よく見直す必要、あるだろうね。
感情的になっちゃうとさ、まともな批判ができなくて、非難や中傷になりやすいよ。
感情的に書かれた批判を受ける身になって考えると、困ること、分かるんじゃないかな;


万が一だけど、批判に事実誤認があったなら、訂正しなきゃダメだよね。
いろんな場所で書いたなら、全ての場所で訂正する責任があると思う。
誤解だったと知らない人は、誤解による批判を信じちゃうよね。
ここまでやらない人って、他人の痛みに鈍感なんだろうね。


ここんとこ、批判についての話ばっかりだね;
  1. 2007/05/06|
  2. ネットマナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

悠人 Author:悠人
マナーサイト座談会
画像は、うたかたの月と最後の幻想様からお借りしています。
コメントやTBは承認制ですが、あまり承認しないかも。すみません。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。